離婚・養育費ガイド

慰謝料、養育費…どうやって請求するの?

離婚の際には、その理由によって慰謝料を請求することができます。特に女性で専業主婦をしていた方にすれば、今後の生活のことを考えると、わずかな額であれ貰っておきたいところです。子どもがいる場合は養育費の請求権もあるので、ぜひ利用すべきでしょう。

慰謝料・養育費の請求方法とは

相手に具体的な負い目(不貞、暴力行為)がある場合はもちろんですが、性格の不一致といった漠然とした理由でも、一般的に「慰謝料」と呼ばれるお金をもらうことができます。

この場合は、正しくは「解決金」という名目となり、裁判所や法律事務所が間に入って額が決められます。よって、こうした弁護士に相談することがまず請求の第一歩となります。

養育費についても、夫婦間で協議して額を決め、合意書を交わすのが理想的ですが、なかなかうまく話がまとまらないことが多いようです。これも家裁の仲立ちにより、「生活保護基準方式」と呼ばれる考え方に則って算定されるのが一般的ですが、こちらの実情にそぐわない額を提示されることも少なくありません。

不満が残るなら、離婚調停を得意としているプロに頼むのが一番でしょう。離婚後の生活を円滑に営んでいくためにも、「お金の問題」で泣き寝入りしたくないところです。

弁護士に相談することで、離婚に関する慰謝料や養育費といった金銭的な問題の解決が可能となります。

いざ離婚するとなった時、金銭的な面をどうして良いかといったことは中々わかりませんし、その中で弁護士に相談することは大変効果的であるかと思います。

弁護士の支援により離婚に関する負担を軽減できます。

スポンサーリンク

離婚・養育費ガイド